幼児~小学生向け 無料英語教材プリント

フォニックス 11. アクセントと発音

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語では単語の中に特に強く(ハッキリ)発音する部分があり、そこに「アクセント」があるといった表現をします。

さて、これまでa, e, i, o, uea, ai・・・など、色々な母音の発音を説明してきましたが、アクセントのない部分ではあてはまらないことがあります。

例えば・・・
こちらのカードをごらんください。

(※絵または下線付きの英単語クリックすると発音を聞くことができます。)

フォニックス 子音 E の発音

カタカナで表すとエ・レ・ファントですが、ハッキリ「エ」と発音するのはアクセントのある最初のEだけです。 その次のEAはあまりよく聞きとれない音で、逆にこれらをハッキリ「エ」や「ア」と発音すると英語ではなくなってしまいます。

英語の発音はメリハリが大事です。

こちらのカードをごらんください。

フォニックス 子音 M の発音

カタカナで表すとマウン・ティ・ンですね。 アクセントのあるOUはハッキリ「アウ」と発音しますが、アクセントのないAI二重母音のところで説明した「エイ」という発音とは違って軽い「ェ」か「ァ」のような発音になっています。

こちらのカードをごらんください。

フォニックス 子音 O の発音

カタカナで表すとオク・ト(タ)・パスですが、アクセントのない2つ目のOや最後から2つ目のUは、やはり軽い「ェ」のような発音です。

つまり、アクセントがなければa, e, i, o, uのどれもほとんど同じに聞こえることがあります。

発音の区別が難しいとスペルを覚えるのが大変です。そんな時は目が大事です。単語全体を見てイメージをつかみましょう。また、わざとローマ字読みをするのも一つの方法です。



同じカテゴリの学習プリント

関連する学習プリント

ちびむすドリルの最新情報をお知らせ

自動メールでお知らせ

  • LINE QRコード

学習プリントの印刷方法

小学生 英語教材プリント

中学生 英語学習プリント

その他の学習プリント

ちびむすドリル最新情報

自動メールでお知らせ

  • LINE QRコード

スポンサーリンク